医療裁判控訴審で弁論再開申立の動き

#東京高裁 で結審した #医療裁判 で弁論再開申立書を出す動きがある。死亡した患者の遺族が提訴した裁判である。一審は新潟地裁であったが、当事者尋問を行わずに結審し、判決になった。控訴審第1回口頭弁論が2021年10月13日に行われた。控訴人(遺族)本人が意見陳述した。本人尋...

公立福生病院透析中止死亡裁判の訴訟上の和解動画

#林田医療裁判 を考える会は #公立福生病院 #透析中止 死亡裁判を支援します。 公立福生病院透析中止死亡裁判の訴訟上の和解の意義を説明する動画がYouTubeに掲載されました。裁判は2021年10月5日に訴訟上の和解が成立しました。この事件だけでなく、医療全体に通じる大変...

第23回『薬害根絶フォーラム』

第23回『薬害根絶フォーラム』が開催されます。#薬害 被害実態報告に加えて、#新型コロナウイルス ワクチンが本当に安全かを議論します。 日時:2021年10月24日(日) 13:30~17:00 ZoomWebinerによるオンライン開催です。...

「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム2021/10/31

「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会は2021年10月31日に集会を開催します。優生保護法東京訴訟原告の発言の他、各地からいのちの選別の問題が語られます。精神病院での虐待、コロナウイルス感染によるクラスター問題についても語られます。...

東京高裁の医療裁判傍聴

#林田医療裁判 を考える会は #東京高裁 で2021年10月13日に行われた #医療裁判 の控訴審第1回口頭弁論を傍聴しました。控訴人(遺族)本人が意見陳述しました。一審は新潟地裁です。

文京七中・早川労災裁判の判決2021/12/9

#林田医療裁判 #中野相続裁判 が相互支援する文京七中・早川労災裁判(平成30年(行ウ)第427号公務外認定処分取り消し請求事件)は以下の日時で判決が言い渡される。 日時:2021年12月9日午後1時10分 場所:東京地裁709号法廷...

中野相続裁判さいたま地裁2021/11/12

中野相続裁判(Nakano Inheritance Trial)さいたま地裁の口頭弁論が開かれます。傍聴・取材をお願いします。 第21回期日(第20回口頭弁論) 事件番号:平成30年(ワ)第552号・共有物分割請求事件、平成30年(ワ)第2659号・共有物分割請求反訴事件...

公立福生病院透析中止死亡裁判の和解声明

#林田医療裁判 を考える会は #公立福生病院 #透析中止 死亡裁判を支援します。 公立福生病院透析中止死亡裁判の訴訟上の和解は説明不十分で解決金を支払わなければならないというところに可能性を感じる。説明義務違反という形では説明に何らかの問題があっても義務違反を認定させること...

加速していく命の線引きと切り捨て

臓器移植法を問い直す市民ネットワークが第17回市民講座(オンライン)を開催します。 講師には児玉真美さんを迎えします。 児玉さんは重度の障害を持つ娘さんと暮らしながら、「安楽死」「尊厳死」「〈無益な治療〉論」など医療と障害をめぐる生命倫理の問題について発信・発言し、多くの著...

公開質問状33「民間医局」医療過誤判例集

立正佼成会附属佼成病院へ33回目の公開質問状を2021年10月4日に送付しました。 患者主体の医療にするための努力を惜しまない人達がいることに救われます。 適切な医療を進めるためには、社会と共に議論を深めて行くことが不可欠であると考えます。これからもよろしくお願いします。...

公立福生病院透析中止死亡裁判が説明不十分を認める訴訟上の和解

#林田医療裁判 を考える会は #公立福生病院 #透析中止 死亡裁判を支援します。 公立福生病院透析中止死亡裁判は2021年10月5日、東京地裁(桃崎剛裁判長)で訴訟上の和解が成立した。地裁は、病院が十分な説明をしないまま透析を中止したなどとして和解を勧告した。...

医療事故情報センター設立30周年記念企画

医療事故情報センター設立30周年記念企画が2021年10月2日にZoomウェビナーで開催された。林田医療裁判を考える会からも参加した。医療事故情報センターは、医療事故被害者の代理人として活動する全国各地の弁護士が正会員となって構成される任意団体である。...

埼玉県教員超過勤務訴訟さいたま地裁判決

埼玉県教員超過勤務訴訟の判決が2021年10月1日、さいたま地裁(石垣陽介裁判長)105号法廷でなされた。中野相続裁判(平成30年(ワ)第552号・共有物分割請求事件、平成30年(ワ)第2659号・共有物分割請求反訴事件)と同じ裁判官(石垣陽介裁判長、高橋祐子裁判官、牧野一...

群大病院第2回患者参加型医療推進委員会

群馬大学医学部附属病院が2021年9月27日に令和3年度第2回患者参加型医療推進委員会をオンライン開催した。林田医療裁判を考える会からも傍聴した。患者参加型医療は、患者さん自身が自らの疾病や医療を十分理解し、主体性をもって医療に参加するものである。委員には患者、医療事故に遭...

林田医療裁判のInstagramとYouTube Channel

林田医療裁判のInstagramとYouTube Channelを開設しました。 インスタグラム https://www.instagram.com/hayashida_medic/ ユーチューブ https://www.youtube.com/channel/UC28_4...

公開質問状32反延命主義のアリバイ作り

#林田医療裁判 及び #中野相続裁判 のご支援ありがとうございます。 皆様お変わりなくお過ごしのことと思います。 立正佼成会附属 #佼成病院 へ #公開質問状 (32)を2021年9月21日に送付致しました。ご覧いただければ幸いです。...

新型コロナウイルス自宅療養は命の選別

新型コロナウイルス感染症の自宅療養は命の選別である。新型コロナウイルスに感染しても入院できず、自宅療養を余儀なくされる。医療を求める人に医療が提供されていない。健康保険料の払い損になる。 治療戦略として自宅療養は愚策である。早期治療のセオリーに反する。「新型コロナウイルス感...

中野相続裁判さいたま地裁第20回期日報告

中野相続裁判Nakano Inheritance Trialさいたま地裁第20回期日(第19回口頭弁論)2021年9月17日(金)午前10時から開催された。弁論続行となり、第21回期日(第20回口頭弁論)は11月に開催される。これまでのところ、口頭弁論によらない期日は一度の...

週刊読書人で反延命主義の鼎談

反延命主義をテーマとした鼎談が週刊読書人に掲載された(「鼎談・小松美彦・市野川容孝・堀江宗正・反延命主義に対抗する思想と実践のために」週刊読書人2021年8月27日)。小松美彦、市野川容孝、堀江宗正編著『〈反延命〉主義の時代 安楽死・透析中止・トリアージ』編者の鼎談である。...

中野相続裁判さいたま地裁第20回期日傍聴御礼

#中野相続裁判 #さいたま地裁 第20回期日(第19回口頭弁論)の傍聴ありがとうございます。コロナ禍の緊急事態宣言の中、Social Distancingに配慮して口頭弁論傍聴に集まってくださり、ありがとうございます。多数の方に傍聴していただき、訴訟団一同大いに勇気づけられ...